ライフネットスーパーとAmazonライフの違いを現役スーパーマーケット店員が解説

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
豚くん

ライフネットスーパーとAmazonライフどっちもネットで注文できるけど何が違うの?

\まずはアプリをダウンロード/

目次

ライフネットスーパーとは

ライフネットスーパーとは、店舗で販売しいている商品をパソコンやスマートフォンから注文し、近隣の店舗から自宅まで配送してもらうサービスです。

仕事帰りにスーパーで買い物をしてから買える手間や、重たい買い物袋を持って帰る煩わしさから解放されると主婦たちから高い支持を得ています。

また、ネットスーパーは自分で商品を選べないことがデメリットに挙げられますが、ライフネットスーパーはプロの売り場担当者が目利きした良い商品を選んでくれるので安心です。

\まずはアプリをダウンロード/

Amazonライフとは

Amazonライフも、ライフネットスーパー同様にパソコンやスマートフォンから注文し、新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、ライフの店舗で調理された惣菜や店内で焼き上げたパン、ライフのプライベートブランド商品各種など、数千点の商品を自宅まで届けてくれるサービスです。

オンライン上で注文すれば最短2時間ほどで自宅まで届けてくれます。

ライフネットスーパーとの違いは、サービスを利用するにはプライム会員の登録が必要なことや、対象地域が東京都、神奈川県、千葉県、兵庫県、京都府、大阪府の一部エリアとなっていることです。

ライフネットスーパーとAmazonライフの違い

ここでは、ライフネットスーパーとAmazonライフの違いを解説します。

スクロールできます
ライフネットスーパーAmazonライフ
配達エリア全国
公式HPから確認
東京都、神奈川県、千葉県、兵庫県、京都府、大阪府の一部エリア
入会金・年会費無料Amazonプライム
prime studentへの入会
配送時間11〜20時
(店舗により異なる)
12〜22時
(地域により異なる)
配送料金1,500円(税込)以上:440円
3,500円(税抜)以上:330円
5,500円(税抜)以上:220円
8,000円(税抜)以上:無料
390円
8,000円(税抜)以上は無料
支払い方法クレジットカードまたは代引きAmazonプライムに対応する支払い方法
クーポン新規会員登録初回注文時に使える500円OFFクーポン初回利用者限定500円OFFクーポン

まとめ:ライフネットスーパーとAmazonライフの違い

今回の記事では、ライフネットスーパーとAmazonライフの違いを解説しました。

スクロールできます
ライフネットスーパーAmazonライフ
配達エリア全国
公式HPから確認
東京都、神奈川県、千葉県、兵庫県、京都府、大阪府の一部エリア
入会金・年会費無料Amazonプライム
prime studentへの入会
配送時間11〜20時
(店舗により異なる)
12〜22時
(地域により異なる)
配送料金1,500円(税込)以上:440円
3,500円(税抜)以上:330円
5,500円(税抜)以上:220円
8,000円(税抜)以上:無料
390円
8,000円(税抜)以上は無料
支払い方法クレジットカードまたは代引きAmazonプライムに対応する支払い方法
クーポン新規会員登録初回注文時に使える500円OFFクーポン初回利用者限定500円OFFクーポン

2つの大きな違いはAmazonプライム会員でないとAmazonライフは使えないという点です。

すでにAmazonプライム会員の方は配送時間の細かな指定ができるAmazonライフの方が便利ですが、Amazonプライム会員でない方は年会費・入会金無料のライフネットスーパーを利用するのがおすすめです。

ご住まいの地域がライフネットスーパーに対応しているか一度アプリをインストールして確認してみましょう。

\対応地域か確認してみる/

サーロイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次