\ 最大10%ポイントアップ! /

牛肉のイチボとはどこの部位?特徴とおいしい食べ方を紹介

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。

スーパーやレストランでよくみかける「イチボ」。

豚くん

いったいどこの部位のお肉なんだろう?

そう思ったことはありませんか?

どこの部位なのか知らなくてもおいしく食べられますが、どこの部位か知っていた方がもっとおいしく食べることができます。

そこで今回の記事では、イチボがどんな部位なのか、おすすめの食べ方を解説します。

おすすめのイチボのお取り寄せサイトも紹介するので、イチボが大好きな方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ジョニー

この記事はお肉屋さんで主任を務める私が書いています。

牛肉イチボステーキ
目次

牛肉のイチボとはお尻の先にある希少部位

「イチボ」とは、牛肉の部位の一つで、おいしさとやわららかさが特徴の部位です。

では、具体的にはどこの部位なのか解説します。

「イチボ」は、牛のお尻の部分にあたります。具体的には、ヒレ肉の下、もも肉の上に位置しています。

牛肉の部位

この部位は、運動量が少ないため、やわらかくジューシーな肉質が特徴で、焼肉やステーキ、シチューなど、さまざまな料理に使われます。

ジョニー

他の希少部位についてもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

牛肉のイチボの名前の由来

牛肉イチボステーキ
牛肉イチボステーキ

イチボという名前の由来は諸説ありますが、お尻の骨の形が由来といわれています。
牛のお尻の骨は、英語で「aitchbone(エイチボーン)」といい、「aitch」はアルファベットのH、「born」は骨を表します。

牛のお尻の骨がHの形をしていることから、このように呼ばれています。

日本では「aitchbone(エイチボーン)」がなまって「イチボ」と呼ばれるようになりました。

牛肉のランプとの違い

牛肉ランプステーキ
牛肉ランプステーキ

「イチボ」と「ランプ」は、どちらも牛肉の部位の一つですが、位置や特徴が異なります。よく比べられる、ランプとイチボの違いをかんたんに説明します。

ランプとは

「ランプ」は、牛のお腹の下側、後ろ足の付け根にあたる部分です。

「ランプ」は運動量が多いため、肉質はやや硬めですが、深い味わいがあり、焼肉やステーキ、煮込み料理などによく使われます。

ジョニー

イチボよりも脂肪が少なく、筋が多いのが特徴です。

価格の違い

イチボに比べてランプの方が大きい部位なので、イチボと比べると希少度が少し低く、多くのスーパーでイチボの方が値段が高く設定されている場合が多いです。

牛肉のイチボを選ぶときのポイントを3つ紹介

イチボを選ぶときのポイント3選
  • 色合い
  • 霜降り
  • 肉質

色合い

良質なイチボは、肉の色が鮮やかな赤色で、脂肪部分は白い色をしています。色が濃い肉は新鮮さを示しています。

霜降り

イチボは霜降りが特徴的な部位です。脂肪が均一に入っているものを選びましょう。脂肪が多すぎると口当たりが悪くなるため、適度な霜降りが理想的です。

肉質

肉質が柔らかく、弾力があるものを選びます。肉を指で押したときに、すぐに元の形に戻るものが良いとされています。

牛肉のイチボは通販で買うのがおすすめ

イチボはスーパーで買うこともできますが、通販で買うのが1番おすすめです。

スーパーでは希少部位の取り扱いが少なく、イチボを扱っている店舗が少ないのに加え、希少部位だからこそ毎日出ているとは限らないからです。

ジョニー

私のお店でも毎日は出ていません。

しかし、通販なら確実に「イチボ」を購入することができます。また、通販だからこそ全国のブランド牛や高品質な牛肉のイチボを注文することも可能です。

\Amazonで高評価のイチボステーキ/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

通販で購入するなら、普段あまり食べられないブランド牛の松阪牛もおすすめです。

ジョニー

松阪牛なら専門店の「やまと」がおすすめです!

やまとの松阪牛イチボステーキ
引用:やまと公式HP

牛肉のイチボのおいしい食べ方を紹介

おいしい食べ方
  • ステーキ
  • 焼き肉
  • ローストビーフ

イチボは、ステーキやローストビーフ、焼肉で食べるのがおすすめです。

イチボはステーキで食べるのが1番おすすめで、強いサシが入っているため、ジューシーに仕上がります。

また、旨味が強い肉なので、食べごたえもあります。

さらに、イチボはローストビーフにもぴったりです。
筋がほとんどなく脂肪があるため、やわらかく、しっとりしたローストビーフを作ることができます。

また、赤身の部分は弾力があり、噛むほどに肉の味を楽しめます。

ジョニー

お家でかんたんにローストビーフを作る方も解説しています。

まとめ:牛肉のイチボは牛肉のお尻の部位

この記事のまとめ

今回は牛肉のイチボがどこの部位なのか、おいしい食べ方について解説しました。

おいしい食べ方
  • ステーキ
  • 焼き肉
  • ローストビーフ

また、イチボは上記の食べ方で食べると間違いないです。

さらに、イチボは希少部位のためスーパーでは確実に手に入れることが難しいので、通販でのお取り寄せがおすすめです。

なかでも、スーパーではなかなか購入できない松阪牛などのブランド牛がおすすめです。

ジョニー

ブランド牛は絶品なので、気になった方はぜひチェックしてくださいね。

サーロイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次